12/17(月)公開直前イベントレポート

公開が迫る12月17日(月)、東京 神田明神にて大泉洋さん、高畑充希さんが登壇し、公開直前“大ヒット祈願イベント”を実施いたしました。

大泉さん、高畑さんの登場で、会場が割れんばかりの声援に包まれると、大泉さんからは「熱烈な歓迎ありがとうございます!神田明神という素晴らしい場所でヒット祈願ができるということなので、とてもうれしいです」とこの日集まった招待客へ感謝の言葉。
高畑さんも「今年撮影していた映画がやっと公開を迎えると思うと、とても感慨深いです。いっぱい祈願したいと思います」と意気込みを語りました。

そして、この日は本作のタイトルに引っ掛けて、日本映画史上初となる“バナナ”を奉納してのご祈祷をするということで、大泉さんは、「神主さんに『バナナかよ』って言われないですよね?大丈夫ですよね?」と、スタッフに問うなど絶好調。ご祈祷後は、大泉さん・高畑さん自ら参道にいる参拝客にバナナを直接手渡しし、参拝客とともに映画の大ヒットを祈願しました。


さらに、今年も残りわずかということで、お二人からこの1年を振り返る『今年の漢字』を発表。
高畑さんは【再】と発表し、「この作品を撮った前田監督は、私のデビュー作の監督だったんです、その他にも今年再会できた方がたくさんいたのでこの漢字にしました。」と振り返る。一方、大泉さんは、今回演じた主人公鹿野さんの苗字にも使われている【鹿】という漢字を力いっぱい書くと、「今まで、こんなに役にのめり込むということはあまりありませんでしたので」と一言、さらに「あと、今年はやたらと鹿肉を食べましたから」と大泉さんらしいコメント。撮影中に共演者にも振る舞っていたようで、「北海道の鹿を食べて、鹿野さんを演じ切りました!皆さんも北海道の美味しい鹿、是非食べてください」と、ちゃっかり故郷である北海道のPRも欠かさなかった。

最後に大泉さんは「この映画はすごく楽しい映画です。明るい気持ちで見てもらいながら、少しでも世の中の為になったらなと思います。是非楽しんでください」と作品をアピール。高畑さんは「この作品は、見終わった後に考えさせられる題材なんですが、大泉さんが演じる鹿野さんは本当にポップなんです。大泉さん史上一番カワイイ役だと思うので是非見てください」と、主演である大泉さんを存分にプッシュすると、会場からは自然に笑いと拍手が巻き起こり、イベントは幕を閉じました。