「障害者週間」特別試写会に80組160名様をご招待!

本作の主人公・鹿野靖明さんは障害者の新しい生き方を自分自身で示し、同じ難病を抱える方々へ勇気を与えてきました。
そしてこの度、本年の「障害者週間」(12/3~9)の期間中に、鹿野さんと同じ障害者の皆様の自立と社会参加の支援を目的とした特別試写会を開催いたします。
 
【イベント概要】
 
<日時>12月4日(火)17:30開場/18:00開演(20:30終演予定)
    本編上映前に主演・大泉洋さんとスペシャルゲストによるトークショーを予定
 
<場所>新宿ピカデリー
 
<応募締切>11月26日(月)23:59まで
 
【応募方法】
下記のフォームよりご応募ください。
URL:https://service.shochiku.co.jp/form/pub/movie/banana_1204
 
 
※当選者の発表は、試写状もしくはメールでの送付にて代えさせていただきます。
※上映後、ご来場いただきました皆さまへ募金を実施させていただき、障害者団体より数団体を選定して、寄付を予定しております
※当日は、マスコミ・メディアの撮影が入ります。ご了承ください。
※イベントの様子は、パッケージ特典に入る可能性がございます。
※開演後のご入場はお断りしております。
※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りしております。
※当選権利の譲渡及びインターネットオークション等への売買行為は禁止されています。

11/12(月)完成披露試写会実施!

11月12日(月)、公開に先駆けて、完成披露試写会を実施いたしました。
撮影以降、キャストが勢揃いするのはこの日が初で、主演の大泉洋をはじめ、高畑充希、三浦春馬、渡辺真起子、竜雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、原田美枝子、そして本作のメガホンを取った前田哲監督が集まりました。ステージ上に巨大なバナナパネル、キャストが持つバナナマイク、来場者がバナナボードを持ってのフォトセッションなど、登壇者と来場客の会場全体で映画の完成を盛大にお祝いしました!
 

 
また本日より、北海道旅行の他豪華賞品が当たる【名シーン&名セリフ 投稿キャンペーン】が始まりました!
20種類あるGIF動画と共に、本作の感想または期待コメントを投稿してみてください!
詳細はこちら⇒https://kaku-san.jp/campaigns/index/bananakayo
 

【札幌】舞台挨拶付き先行有料上映会 開催決定!

北海道を舞台に、札幌・美瑛・旭川などで撮影を行った映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の12/28(金)劇場公開に先駆け、一足早くご当地の皆様に映画をお届けすべく、キャスト・監督による舞台挨拶付き先行有料上映会の開催が決定いたしました!
 
【舞台挨拶概要】
11/20(火)
会場:札幌シネマフロンティア【Pコード:559-229】
 
時間:18:30の回上映開始前
登壇者:大泉洋、高畑充希、三浦春馬、前田哲監督(予定・敬称略)
 
 
【チケット販売方法】
チケットぴあ(http://w.pia.jp/t/bananakayo/)にて販売いたします。
 
料金:全席指定2,000円(別途手数料あり)
 
販売スケジュール
一般発売:11/10(土)12:00~  
※ムビチケ・前売券はご利用いただけません。
※限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。
 
≪チケット購入に関するお問い合わせ≫
「チケットぴあ」インフォメーション(10:00~18:00) 0570-02-9111
「チケットぴあ」HP(http://t.pia.jp/help/
 
【注意事項】
※チケットの販売は、お一人様4枚までとさせていただきます。
※全席指定・定員入替制での上映となります。
※舞台挨拶回の座席指定券が必要です。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※マスコミの取材が入る場合がございますのでご了承ください。
※当日収録の写真、映像はDVD、ブルーレイ等に収録される可能性がございますのでご了承ください。

主題歌はポルノグラフィティの「フラワー」に決定!

主題歌の「フラワー」はポルノグラフィティが今作のために書き下ろした新曲。花の持つ凛とした強さ、そして美しさが綴られている歌詞の世界は、主人公の鹿野さんとリンクする部分も多く物語に彩りを加えています。映画と合わせて主題歌も是非楽しんでください!
 

 
【ポルノグラフィティ コメント】
<岡野昭仁>
鹿野さんの生きた世界は、厳しくもあり、孤独でもあったと思います。
しかし、それに負けない強さと優しさを持ち合わせていたのではないでしょうか。
そのすべてをイメージしながら楽曲制作をしました。
 
<新藤晴一>
鹿野さんが聴いたらどんな風に思うのかと考えながら歌詞を書いたのですが、
彼の強さをどう表現すればいいか最後まで悩みました。
表現したかったことが聴いてくれた方に伝わればうれしいです。
 
 
ポルノグラフィティ「フラワー」は、2018年12月配信予定。