こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

あなたと過ごした日々は宝物でした――。

12月28日(金)公開 お正月なのにバナナかよ!
  • 公開前夜上映決定!
  • 北海道旅行などが当たる! 名シーン&名セリフ投稿キャンペーン実施中!
  • 宣伝ボランティア&サポーター募集
コメント

赤坂泰彦

DJ

人に助けてもらう側にも勇気が必要な事を痛感しました。優しさのドキュメント!

有村昆

映画コメンテーター

なにより「感動ポルノ」ではないのが共感!障害者だからと言って聖人ではない描き方は「最強のふたり」を彷彿とさせる。命がけのわがままに涙した。

生島ヒロシ

フリーアナウンサー

どんな逆境にあっても、前向きに生きる人は美しい。改めて、今の自分に何が出来るかを考えさせられた。

市川由紀乃

演歌歌手

難病と闘いながらも最後まで夢を諦めず、懸命に生きた鹿野靖明さんの姿に、勇気と力をいただきました。栄養豊かな、心のバナナとでも言いたくなるような、素敵な映画に出会えたことに感激しています。

猪瀬直樹

作家

これはもうひとつの「五体不満足」を生きる感動の物語だ!

有働由美子

アナウンサー

生きるのに、何カッコつけてんの?って、言われた気がした。あと大泉洋さんが憎たらしくて愛おしすぎて、泣いた。

エンドケイプ

クリエイター

バナナートは傷みやすいというバナナのマイナスを逆にプラスに変えて表現するアートだ。そんなバナナートと同じように大きなハンデに負けることなく常に自身をプラスに変える事で、人生を大きく変えた大泉洋さん演ずる鹿野氏に感動した。

丘みどり

演歌歌手

前向きに生きることを実践してる方。その姿が周りの人を笑顔にするんだなと、見終わったあとは心がポカポカ。おもいっきり泣いておもいっきり笑える作品だと思います!

ガッツ石松

俳優

そんなバナナ!? 愛・夢・勇気 三拍子そろってOK牧場!の映画だね。

鴻上尚史

作家・演出家

衝撃のノンフィクション本の見事な映画化です。上質なエンタテインメントであり、深い問題提起作であり、感動作品です。これは創られる意味のある映画です。

コトブキツカサ

映画パーソナリティ

全ての人間は誰かの世話になり誰かに迷惑をかけているんですよね。与えられた人生を悔いなく生きる事が全てだと鹿野さんに教えられました。

小森智子

Oggiブランド室 副編集長

鹿野さんの人生をエネルギッシュに生きる大泉洋さんの演技が、とにかくスゴイ! 映画館には、ハンカチ(大きめ)をお忘れなく!

近藤良平

振付家・ダンサー・コンドルズ主宰

「夢を語る」とか「勇気を持つ」ことがなくなってしまった世の中でこんなに鮮明に「人」は生きられる。僕も君も間違っていない。「勇気をもって夢を語ろう」 僕たちにはいつも夢があるのさ。

坂上みき

ラジオパーソナリティー&ナレーター

わがままに生きていいのだ。正直に生きていいのだ。ったってそうもいかないし、と二の足を踏むのは健常者の甘えかもしれません。鹿野さんが明るければ明るいほど、凄まじい哀しみが見えてきて、それが人をつき動かし、夜更けのバナナだって買いに走っちゃう。恐るべし人間力に、心揺さぶられまくり。

清水宏保

元スピードスケート選手

本当に涙あり、笑いあり。鹿野さんの人柄が、想いが痛いほどに伝わる映画だった。人の持つ本当のわがままというのは、人の心に響き、人を変えていく。負けちゃいけない。そう心に響く映画。大泉さんの演技がすごかった。単純に、ストレートに生きることは簡単じゃないけれど、そこに本当の愛情があれば伝わるし、人生は楽しくなる。そして人生も楽しくできる。とことんむかつくけど、とことん支えたくなる。鹿野さんの親への愛情も、子を持つ親として胸に刺さった。鹿野さんの豪快さも心遣いも、愛情も、ストレートだからこそ、人の心に生きる。明日から、自分の何か一つ変えてみよう、そう思える映画。もっともっと、自分の人生を全うしたいと思った。ボランティアの方々の暖かさは鹿野さんの生きた証。子供から大人まで、心に伝わる映画。ボランティアの方々それぞれの気持ちに共感できた。鹿野さんはその皆さんの気持ちにしっかり愛情をもって寄り添っていたことにとても尊敬した。

志茂田景樹

作家 よい子に読み聞かせ隊 隊長

こんな夜更けに泣き笑いかよ。泣いて笑って、また泣いて笑って、ドカッと感動させやがって。お陰で二度見で夜が明けた!

関根麻里

タレント

鹿野さんの生き方から、人の助けを借りる勇気、そして、家族と呼べる仲間の大切さを教わりました。

毒蝮三太夫

タレント

この映画は介護する人、される人のみならず、生きとし生けるものすべてへのバイブルだ!

中江有里

女優・作家

人を支え、人に支えられる……なんてきれいに分けられない、人と人の愛しく強烈な交わりがここにある。

中村千晶

映画ライター

大泉洋氏、すごい。この不遜とチャーミングの両立は、彼にしかできなかっただろう。人の助けなしに生きられないのに、傍若無人。で、人たらし。筋ジスをなめんなよ? はい、そのとおりです!(笑)

野田聖子

衆議院議員

かなり前に読んだ作品。映画になってパワーアップ来臨!障害児の息子と一気にみた。BBQで下痢したシカノ氏を気の毒に思った私。息子は「おもろい」と笑っていた。まだまだ修行足りんなと痛感。真の自立のお手本だ。

林家木久扇

落語家

私は四年前喉頭がんになり治療中、最初に出た言葉は「おはよう」だった。「お父さんの声が出た!」ウチのおかみさんが泣いて㐂んで呉れて…主人公鹿野さんも「おはよう」と声が出た!感動だなぁ。

林家たい平

落語家

両親もいま施設で介護を受けています。最初は色んな思いがありましたが、今はお世話をして下さる皆さんに心からの“ありがとう”が言えます。一人で生きていたら言えない“ありがとう“の素晴らしさを、この映画は教えてくれます。清々しい感動を“ありがとう”

福田こうへい

歌手

“生き抜く”ということを教えてくれる。そんな映画と出会えました。映画を通し鹿野さんの人生に触れ、観る人皆に自身の生き方と向き合うきっかけをくれる筈です。私もこれまで以上に歌に魂を込め、精進して参りたいと思います。

ふなっしー

梨の妖精

こんな泣けるし強さを感じる良い映画のコメントに梨かよ!この映画で大切な人と大切な時間を過ごして下さいなっしー♪

風吹ジュン

女優

私の知らなかった場所で知らなかった時間と知らなかった苦労を障害と向き合い生きる勇気と愛ある世界を教えてくれる!

平成ノブシコブシ 吉村崇

お笑い芸人

ちょっと大泉さん! いや、洋ちゃん! なまら良かったですよ。一度も洋ちゃんなんて呼んだこと無いですが、興奮してるから許してください!鹿野さんの極上なロックな人生、泣きじゃくりました!鹿野さんこそが真の破天荒!学生時代、同じ時期ほぼ同じ場所にいた僕みたいなもんが破天荒を軽々しく名乗るなんて、恥ずかしすぎます。北海道の偉人から日本の偉人となった鹿野靖明さん。この方の人生を少し覗いてみて皆様是非、笑ってそして大泣きしてください!

堀尾正明

フリーキャスター

「立っているものは親でも使え」、ならぬ、「立っている健常者はアゴで使え」。筋ジス車イス男の爽快までに我がままなドラマ。しかしその我がままさが周囲の人の心の偏見と障害者へのバリアーを無くしていく。笑いと涙を抑えられない映画だ。

松田丈志

競泳元日本代表

主人公の生き方を見て、自分の本音をさらけ出す事の大切さを感じた。遠慮して本音を言わないのは逃げなんだなと思った。要介護、障害を持つ人を中心に広がっていくストーリーの中で、正義感、恋愛感情、友情、親子の愛情など、様々な感情を色んな方向に揺さぶられた。人間関係の中の微妙な感情の揺れ動きを、絶妙に描いた作品だと思った。これから、もっと多様な生き方が認められる社会になる為にも参考になる作品だった。

黛 木綿子

映画ナタリー 副編集長

もはや憑依レベルの仕上がりだった大泉洋をはじめ、ドキュメンタリーを観ているような気持ちにさせてくれた役者陣の熱演に拍手!「ワガママなやつ…」が「可愛いかも?」に変わり、「たまらなく愛しい!」に行き着いたとき、笑いと涙が同時にこみ上げてきた。

三田寛子

女優

主人公の鹿野靖明(大泉洋)さんが大好きになった! 一度しかない人生 本気で自分に負けない正直な生き方しなきゃ!

三山ひろし

演歌歌手

ポップなタイトルに興味をひかれながらあらすじを読みました。難病を抱える男性の話と、タイトルのギャップに違和感を覚えながら拝見するとそこには普段見聞きする障害者の姿はなく、まさに一人の男性の生き様がありました。できないことに対し開き直りではなく、見つめながらできることを模索しやりたい事を楽しみながら人生を謳歌する。これはまさに普通の暮らしであり、そこに不謹慎かもしれないが筋ジストロフィーというかなりスパイスの効いた個性がついただけの事のように感じました。そう感じさせるのは鹿野さんの人間力に他ならないのではないかと思います。また、主人公を演じる大泉洋さんはもちろん、キャストの皆様の自然体は、すぐそこにある問題を提起するに充分で、映画を見終えた後に自分の身の回りや、社会を見つめ直す機会を与えてくれました。もし鹿野さんがご存命でしたら、きっと障害を取り巻く社会に革命を起こしていると思います。いや、もう革命は起きているかもしれません。鹿野さんに乾杯!

武藤将胤

一般社団法人WITH ALS
武藤 将胤/MASATANE MUTO

僕も助けがないと1人では生きていけなくなる。それでも夢に向かって挑戦し、まっすぐに生き切らずにはいられない。鹿野さんと仲間達の生き方が僕の背中を力強く、未来へ押してくれた。心からの感謝を。

室井佑月

作家

共同体の中で、人を助けることも、助けられることも、当たり前のように自然にできるというのが理想だ。だから、鹿野は正しい。ちょっぴり我儘な個性も、人としての魅力。いつかは自分や自分の大切な人の体が不自由になるかもしれないが、そのときは、この映画をお手本としよう。良い映画だ。人に勧めたくなる映画だ。

茂木健一郎

脳科学者

「助けて」と言うのはワガママではない。支え合ってこそ人は成長できる。「健常」と「障がい」。「男」と「女」。心の壁を超えて、ズドンと「愛」に届く傑作です。

山内惠介

歌手

筋ジストロフィーを患いながら、懸命に生きた人生・・・バナナで、人の根性を見ました。普通に人を愛し、生きた、鹿野靖明の根性に完敗です。

ライムスター宇多丸

ラッパー/ラジオパーソナリティ

いくらでも安易な感傷に流れておかしくない題材に対して、上品な距離感とユーモアを保つことで、むしろ観客に思考をうながし生そのものの普遍的な価値を問いかける、その語り口がまず素晴らしい。特に、高畑充希の見事な喜劇女優ぶり。改めて感服!
MORE
  • 作品紹介
  • 最新情報
  • 予告
  • 原作
  • コメント
  • 劇場情報
  • メディア情報
Twitter更新中
12月28日(金)公開 お正月なのにバナナかよ!
  • 公開前夜上映決定!
  • 北海道旅行などが当たる! 名シーン&名セリフ投稿キャンペーン実施中!
  • 宣伝ボランティア&サポーター募集
  • 作品紹介
  • 最新情報
  • 予告
  • 原作
  • 劇場情報
  • メディア情報
コメント

赤坂泰彦

DJ

人に助けてもらう側にも勇気が必要な事を痛感しました。優しさのドキュメント!

有村昆

映画コメンテーター

なにより「感動ポルノ」ではないのが共感!障害者だからと言って聖人ではない描き方は「最強のふたり」を彷彿とさせる。命がけのわがままに涙した。

生島ヒロシ

フリーアナウンサー

どんな逆境にあっても、前向きに生きる人は美しい。改めて、今の自分に何が出来るかを考えさせられた。

市川由紀乃

演歌歌手

難病と闘いながらも最後まで夢を諦めず、懸命に生きた鹿野靖明さんの姿に、勇気と力をいただきました。栄養豊かな、心のバナナとでも言いたくなるような、素敵な映画に出会えたことに感激しています。

猪瀬直樹

作家

これはもうひとつの「五体不満足」を生きる感動の物語だ!

有働由美子

アナウンサー

生きるのに、何カッコつけてんの?って、言われた気がした。あと大泉洋さんが憎たらしくて愛おしすぎて、泣いた。

エンドケイプ

クリエイター

バナナートは傷みやすいというバナナのマイナスを逆にプラスに変えて表現するアートだ。そんなバナナートと同じように大きなハンデに負けることなく常に自身をプラスに変える事で、人生を大きく変えた大泉洋さん演ずる鹿野氏に感動した。

丘みどり

演歌歌手

前向きに生きることを実践してる方。その姿が周りの人を笑顔にするんだなと、見終わったあとは心がポカポカ。おもいっきり泣いておもいっきり笑える作品だと思います!

ガッツ石松

俳優

そんなバナナ!? 愛・夢・勇気 三拍子そろってOK牧場!の映画だね。

鴻上尚史

作家・演出家

衝撃のノンフィクション本の見事な映画化です。上質なエンタテインメントであり、深い問題提起作であり、感動作品です。これは創られる意味のある映画です。

コトブキツカサ

映画パーソナリティ

全ての人間は誰かの世話になり誰かに迷惑をかけているんですよね。与えられた人生を悔いなく生きる事が全てだと鹿野さんに教えられました。

小森智子

Oggiブランド室 副編集長

鹿野さんの人生をエネルギッシュに生きる大泉洋さんの演技が、とにかくスゴイ! 映画館には、ハンカチ(大きめ)をお忘れなく!

近藤良平

振付家・ダンサー・コンドルズ主宰

「夢を語る」とか「勇気を持つ」ことがなくなってしまった世の中でこんなに鮮明に「人」は生きられる。僕も君も間違っていない。「勇気をもって夢を語ろう」 僕たちにはいつも夢があるのさ。

坂上みき

ラジオパーソナリティー&ナレーター

わがままに生きていいのだ。正直に生きていいのだ。ったってそうもいかないし、と二の足を踏むのは健常者の甘えかもしれません。鹿野さんが明るければ明るいほど、凄まじい哀しみが見えてきて、それが人をつき動かし、夜更けのバナナだって買いに走っちゃう。恐るべし人間力に、心揺さぶられまくり。

清水宏保

元スピードスケート選手

本当に涙あり、笑いあり。鹿野さんの人柄が、想いが痛いほどに伝わる映画だった。人の持つ本当のわがままというのは、人の心に響き、人を変えていく。負けちゃいけない。そう心に響く映画。大泉さんの演技がすごかった。単純に、ストレートに生きることは簡単じゃないけれど、そこに本当の愛情があれば伝わるし、人生は楽しくなる。そして人生も楽しくできる。とことんむかつくけど、とことん支えたくなる。鹿野さんの親への愛情も、子を持つ親として胸に刺さった。鹿野さんの豪快さも心遣いも、愛情も、ストレートだからこそ、人の心に生きる。明日から、自分の何か一つ変えてみよう、そう思える映画。もっともっと、自分の人生を全うしたいと思った。ボランティアの方々の暖かさは鹿野さんの生きた証。子供から大人まで、心に伝わる映画。ボランティアの方々それぞれの気持ちに共感できた。鹿野さんはその皆さんの気持ちにしっかり愛情をもって寄り添っていたことにとても尊敬した。

志茂田景樹

作家 よい子に読み聞かせ隊 隊長

こんな夜更けに泣き笑いかよ。泣いて笑って、また泣いて笑って、ドカッと感動させやがって。お陰で二度見で夜が明けた!

関根麻里

タレント

鹿野さんの生き方から、人の助けを借りる勇気、そして、家族と呼べる仲間の大切さを教わりました。

毒蝮三太夫

タレント

この映画は介護する人、される人のみならず、生きとし生けるものすべてへのバイブルだ!

中江有里

女優・作家

人を支え、人に支えられる……なんてきれいに分けられない、人と人の愛しく強烈な交わりがここにある。

中村千晶

映画ライター

大泉洋氏、すごい。この不遜とチャーミングの両立は、彼にしかできなかっただろう。人の助けなしに生きられないのに、傍若無人。で、人たらし。筋ジスをなめんなよ? はい、そのとおりです!(笑)

野田聖子

衆議院議員

かなり前に読んだ作品。映画になってパワーアップ来臨!障害児の息子と一気にみた。BBQで下痢したシカノ氏を気の毒に思った私。息子は「おもろい」と笑っていた。まだまだ修行足りんなと痛感。真の自立のお手本だ。

林家木久扇

落語家

私は四年前喉頭がんになり治療中、最初に出た言葉は「おはよう」だった。「お父さんの声が出た!」ウチのおかみさんが泣いて㐂んで呉れて…主人公鹿野さんも「おはよう」と声が出た!感動だなぁ。

林家たい平

落語家

両親もいま施設で介護を受けています。最初は色んな思いがありましたが、今はお世話をして下さる皆さんに心からの“ありがとう”が言えます。一人で生きていたら言えない“ありがとう“の素晴らしさを、この映画は教えてくれます。清々しい感動を“ありがとう”

福田こうへい

歌手

“生き抜く”ということを教えてくれる。そんな映画と出会えました。映画を通し鹿野さんの人生に触れ、観る人皆に自身の生き方と向き合うきっかけをくれる筈です。私もこれまで以上に歌に魂を込め、精進して参りたいと思います。

ふなっしー

梨の妖精

こんな泣けるし強さを感じる良い映画のコメントに梨かよ!この映画で大切な人と大切な時間を過ごして下さいなっしー♪

風吹ジュン

女優

私の知らなかった場所で知らなかった時間と知らなかった苦労を障害と向き合い生きる勇気と愛ある世界を教えてくれる!

平成ノブシコブシ 吉村崇

お笑い芸人

ちょっと大泉さん! いや、洋ちゃん! なまら良かったですよ。一度も洋ちゃんなんて呼んだこと無いですが、興奮してるから許してください!鹿野さんの極上なロックな人生、泣きじゃくりました!鹿野さんこそが真の破天荒!学生時代、同じ時期ほぼ同じ場所にいた僕みたいなもんが破天荒を軽々しく名乗るなんて、恥ずかしすぎます。北海道の偉人から日本の偉人となった鹿野靖明さん。この方の人生を少し覗いてみて皆様是非、笑ってそして大泣きしてください!

堀尾正明

フリーキャスター

「立っているものは親でも使え」、ならぬ、「立っている健常者はアゴで使え」。筋ジス車イス男の爽快までに我がままなドラマ。しかしその我がままさが周囲の人の心の偏見と障害者へのバリアーを無くしていく。笑いと涙を抑えられない映画だ。

松田丈志

競泳元日本代表

主人公の生き方を見て、自分の本音をさらけ出す事の大切さを感じた。遠慮して本音を言わないのは逃げなんだなと思った。要介護、障害を持つ人を中心に広がっていくストーリーの中で、正義感、恋愛感情、友情、親子の愛情など、様々な感情を色んな方向に揺さぶられた。人間関係の中の微妙な感情の揺れ動きを、絶妙に描いた作品だと思った。これから、もっと多様な生き方が認められる社会になる為にも参考になる作品だった。

黛 木綿子

映画ナタリー 副編集長

もはや憑依レベルの仕上がりだった大泉洋をはじめ、ドキュメンタリーを観ているような気持ちにさせてくれた役者陣の熱演に拍手!「ワガママなやつ…」が「可愛いかも?」に変わり、「たまらなく愛しい!」に行き着いたとき、笑いと涙が同時にこみ上げてきた。

三田寛子

女優

主人公の鹿野靖明(大泉洋)さんが大好きになった! 一度しかない人生 本気で自分に負けない正直な生き方しなきゃ!

三山ひろし

演歌歌手

ポップなタイトルに興味をひかれながらあらすじを読みました。難病を抱える男性の話と、タイトルのギャップに違和感を覚えながら拝見するとそこには普段見聞きする障害者の姿はなく、まさに一人の男性の生き様がありました。できないことに対し開き直りではなく、見つめながらできることを模索しやりたい事を楽しみながら人生を謳歌する。これはまさに普通の暮らしであり、そこに不謹慎かもしれないが筋ジストロフィーというかなりスパイスの効いた個性がついただけの事のように感じました。そう感じさせるのは鹿野さんの人間力に他ならないのではないかと思います。また、主人公を演じる大泉洋さんはもちろん、キャストの皆様の自然体は、すぐそこにある問題を提起するに充分で、映画を見終えた後に自分の身の回りや、社会を見つめ直す機会を与えてくれました。もし鹿野さんがご存命でしたら、きっと障害を取り巻く社会に革命を起こしていると思います。いや、もう革命は起きているかもしれません。鹿野さんに乾杯!

武藤将胤

一般社団法人WITH ALS
武藤 将胤/MASATANE MUTO

僕も助けがないと1人では生きていけなくなる。それでも夢に向かって挑戦し、まっすぐに生き切らずにはいられない。鹿野さんと仲間達の生き方が僕の背中を力強く、未来へ押してくれた。心からの感謝を。

室井佑月

作家

共同体の中で、人を助けることも、助けられることも、当たり前のように自然にできるというのが理想だ。だから、鹿野は正しい。ちょっぴり我儘な個性も、人としての魅力。いつかは自分や自分の大切な人の体が不自由になるかもしれないが、そのときは、この映画をお手本としよう。良い映画だ。人に勧めたくなる映画だ。

茂木健一郎

脳科学者

「助けて」と言うのはワガママではない。支え合ってこそ人は成長できる。「健常」と「障がい」。「男」と「女」。心の壁を超えて、ズドンと「愛」に届く傑作です。

山内惠介

歌手

筋ジストロフィーを患いながら、懸命に生きた人生・・・バナナで、人の根性を見ました。普通に人を愛し、生きた、鹿野靖明の根性に完敗です。

ライムスター宇多丸

ラッパー/ラジオパーソナリティ

いくらでも安易な感傷に流れておかしくない題材に対して、上品な距離感とユーモアを保つことで、むしろ観客に思考をうながし生そのものの普遍的な価値を問いかける、その語り口がまず素晴らしい。特に、高畑充希の見事な喜劇女優ぶり。改めて感服!
MORE
  • ムビチケオンライン
  • ムビチケカード
  • ムビチケカード
  • ムビチケカード
  • ムビチケカード
平成30年北海道胆振東部地震に関して
CLOSE